書道教室オープン

札幌市厚別区新札幌にある成鳳書道教室です。

昨日の続きです。ある時その書道教室主催の展示会があって、先生が書いた畳1枚くらいの大きな作品に惹かれました。四国出身の先生はお母さまが危篤で帰郷した時の心の変化を詩にして書にしたためたものでした。

悲しい、胸にしみこむような書は暑い四国の坂道とその横に穏やかな瀬戸内海の海が見えるそんな光景が浮かび切なくなりました。書と詩があまりにもマッチしており、書でこんなに表現ができるのだと驚きました。

先生に「おいくらで購入できますか?」(;’∀’) 先生から「これは売ることができないのです」

若い勤め人に買えるものでもなく、売るものではなかったのでしょうね。

続きは次回🌺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です