書道教室オープンしました。

こんばんわ、札幌市厚別区新札幌にある成鳳書道教室です。🍀

今日は蒸し暑かったですね( ;∀;)

昨日の続きです。甲骨文字⇒金文⇒篆書隷書⇒草書⇒行書・楷書

小篆がその形を崩し始めたのは前日お伝えしましたが、複雑な形をした装飾的な小篆はとても書きにくいもので、やがて書体の単純化、簡素化、実用的な隷書が生まれました。この隷書から後に草書・行書・楷書の書体が生まれ楷書が標準の書体になったのです。

隷書を早書きしているうちに崩されていき草書になります。草書は一つの文字の筆画を最初から最後までほとんど一画で書いてしまいます。

隷書を直線的に書いたのが楷書、隷書と草書の長所を生かした書体として行書が生まれました。

私たちが日ごろ書く楷書はこのようにして生まれました。

ではまた明日🌺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です